代表メッセージ

「アジアの子ども達の明るい未来のために」 「私たち自身のより良い未来のために」

 目まぐるしく変化する現代世界の流れに、取り残された人々がいることを知っていますか?

近年日本は経済的発展を遂げ、多くの人々が豊かな生活を送れるようになってきました。しかし、これはあくまでも金銭的な豊かさであり、昔の日本人が持っていた“お互いを支えあう思いやりの心”は日々失われつつあります。

 日本人が金銭的に豊かな生活を送る反面、多くのアジアの国には、そのしわ寄せを受けている人々がいます。それは特に社会的弱者と言われる貧困層や少数民族、又、女性や子ども達です。

 地球市民ACTかながわは、貧困・麻薬・エイズ・家庭崩壊などの深刻な問題に晒されているアジアの子ども達が、自らの手で未来を切り開いていく能力を身に付け、次世代につないで行くための教育と栄養を受けられるよう支援協力活動を行います。 市民団体だからこそ出来るきめの細かい、顔と顔の見える活動を相互に行っていきます。

 国際協力を人協力と捉えて、地球市民としてすべての命がつながり合うことをよく理解し、いたずらに大きな開発や支援、組織の拡大を考えることなく、草の根の本分をわきまえ、着実且つ現地の事情に即した支援協力活動を行っていきます。

 海外においてはアジアの子ども達の教育と栄養の支援、国内においては国際理解を通し地球市民として志を持って生きる人を育て、共に歩んで行きます。 私たちはこの活動を通して、自分自身の足元を見つめ直し、アジアの人々が持ち続けている“支えあう思いやりの心”に触れ、双方向に学び合い、本当の豊かさを取り戻すことができるよう地球市民社会の実現を目指します。

 

認定NPO法人 地球市民ACTかながわ/TPAK
代表 近田真知子