ニュースレター

地球市民ACTかながわ/TPAKでは、活動地タイ・ミャンマー・インド・震災支援の詳しいプロジェクト状況や様子、マル秘情報、国内イベント&ボランティア情報や、事務局の様子、ボランティア体験記などを掲載したニュースレター「地球市民ACT」を年四回発行しています。ぜひご覧ください。

下記のリンクからご覧になれます。(号数の部分をクリックください)

ニュースレター一覧
発行年月 号数(通巻) タイトル
19年夏号 76号(150号) ミャンマー:ミャンマー南シャン州ザレー村に立派な保育園が完成しました。
19年春号 75号(149号) インド:「夢にも見なかった、女性として輝ける人生」TPAKの思春期女性自立支援プロジェクト」でボランティアとして活動に加わった彼女たちは、次第にその能力を開花させ、村で活動を普及する地区調整員に選ばれました。
18年冬号 74号(148号) タイ特集:「安堵の笑顔」メートー学校の元校長プラヨーン先生から奨学金の支援を受けて学んでいたところ、先生の急逝により支援継続が危ぶまれる状況に。幸いTPAKが支援継続を申し出ることができ、引き続き学べるようになりました。
18年秋号 73号(147号) ミャンマー特集:ターヤーコン中学校完成 TPAK2017年度ミャンマー事業「南シャン州における中学校建設を通した自立支援プロジェクト」が完了し、コンクリート製の立派な中学校が完成しました。
18年4月・5月 72号(146号) インド特集:「Beti Bachao!(女の子を救おう!) Beti Padhao!(女の子にも教育を!)」 毎年3月8日は「国際女性デー」。この日は女性への差別撤廃と女性の地位向上、平和な社会の建設を訴える国際的記念日です。TPAKのインド活動地でも村の女性たち総勢120名が参加して、大々的にイベントが行われました。
18年3月・4月 71号(145号) タイ特集:「夢を叶え、地域を変えていく子ども達」 TPAKがタイの山岳地帯の少数民族の子ども達への教育支援活動を始めてから25年、どのような変化があったのでしょうか。
18年1月・2月 70号(144号) インド特集:「若い世代が作る女性が安心できる村」 ジェンダー平等やDVをテーマに村の中学校で開催された「ポスターコンテスト・クイズ大会」では、たくさんのポスターが出品され、そのうち17点が優秀賞として表彰されました。
17年11月・12月 69号(143号) ミャンマー特集:「ミャンマー タピャイコン村 女子寮完成」 タピャイコン村の中学・高校に近隣の村から通っている生徒のための女子寮が完成しました。
17年9月・10月 68号(142号) ミャンマー特集:「ミャンマー タピャイコン村 女子寮完成」 タピャイコン村の中学・高校に近隣の村から通っている生徒のための女子寮が完成しました。
17年・夏 67号(142号) ミャンマー特集:「ミャンマー タピャイコン村 女子寮完成」 タピャイコン村の中学・高校に近隣の村から通っている生徒のための女子寮が完成しました。
17年・春 66号(141号) タイ特集:「映画゛DEK”のもたらす、新しい風」 映画゛DEK”に登場した中学生たちのうち、6人が教師となってメートー学校に戻ってきました。
16年12月・1月 65号(140号) インド特集:「女性のための村の拠点「HELP SPOT」」 安全な村づくりのために実施しているプロジェクトの様子をお伝えします。
16年10月・11月 64号(139号) 「“納豆”がつなぐ日本とミャンマー」 ミャンマーで実施中の食品加工プロジェクトの現状と今後
16年8月・9月 63号(138号) 「半径3mからの国際協力TPAK」 6回目のかまいしこども園「夕涼み会」、釜石からTPAKを通じて熊本地震支援、ほか
16年6月・7月 62号(137号) タイ特集:「TPAK タイ・プロジェクトの足跡」 タイにおけるTPAK23年間の活動をまとめました。
16年4月・5月 61号(136号) ミャンマー特集:「釜石の絵本が、ミャンマーの保育園に!」 巻頭:「ティハムスエ保育園園舎完成!」 子ども達への愛情あふれる園舎が完成しました。
16年2月・3月 60号(135号) あみあみクラブ特集「日本のまごころを世界へ!世界の笑顔を日本へ!」 巻頭:「みんなの手から世界の子ども達の手に!」 今号はあみあみクラブ特集。あみあみクラブの活動が世代を超えた交流の場にもなっています。
15年11月・12月 59号(134号) インド特集「人の役に立てる喜びを伝えたい!」 巻頭:「インドカウンターパートMamta シンさん、ビーナさん来日!」 インドで活かせる日本の知見を学ぶため、Mamta代表のJ.M. Singhさんと副代表のBeena Waliaさんが研修のために来日しました。お二人の長年の夢であった日本訪問がJICA草の根技術協力事業により実現しました。
15年9月・10月 58号(133号) 「釜石―TPAK-ミャンマー  保育園でつながる絆」 巻頭:「釜石とTPAKの絆、釜石とTPAKとミャンマーの絆」 「東日本の震災のため役立ててください」2011年3月末にミャンマーを訪れた際に、村長さんから寄付金を託されました。そして2015年8月、4年越しに建った保育園の写真を届けると「日本の子ども達の役に立てて本当に良かった」と言って、また寄付金をいただきました。
15年7月・8月 57号(132号) 「世界に届け!アクリルたわし!」 巻頭:「釜石、五回目の夏」 あれから五回目の夏。今年も暑い夏が来て、釜石の二つの保育園の夏のお祭りに、TPAKのボランティアのみんなが集結しました。
15年6月・7月 56号(131号) 「ドイツ-インド-日本をつなぐ友情」 巻頭:「安全に配慮した明るい園舎がようやく完成!」 ADH/KHWはじめ皆様の温かいご支援により、子ども達にとって一番大切な安全・安心な環境を第一とした設備を整えることができました。
15年4月・5月 55号(130号) 「学校建設による内発的発展」 巻頭:「パンルン村「小学校建設プロジェクト」 完了!」 パンルン小学校が完成しました。湿地帯で川に囲まれ、水害が多い村のため、校舎は強固な基礎の上に、鉄筋コンクリート製の耐久性に優れた校舎が完成しました。
15年3月・4月 54号(129号) 「25人の元気な先生たち」 巻頭:「インド、ジェンダーによる暴力の抑止プログラムとセーフティネットの構築」 JICA横浜およびインド事務所の方々が視察に訪れ、現地カウンターパートMAMTAとの意見交換や対象村で女性たちの生の声を聞いてもらいました。
15年1月・2月 53号(128号) 「安心・安全な村で暮らしたい」 巻頭:「インド、ジェンダーによる暴力の抑止プログラムとセーフティネットの構築」
14年11月・12月 52号(127号) 「少数民族の明るい未来」 巻頭:「TPAK南南協力プロジェクト(前篇)」
14年9月・10月 51号(126号) 「私、先生になります!」 巻頭:「東日本大震災復興支援 4回目の夏、到来」
14年7月・8月 50号(125号) 「ミャンマー・パムーン男子寮完成(~人の役に立てる人間になりたい~)」 巻頭:「タイの状況とメートー学校卒業生のための「町の寮借り上げプロジェクト」ご支援のお願い」
14年5月・6月 49号(124号) インド思春期の女の子「その心を開いて ! 」 巻頭:「地球隊ミャンマー2014報告とミャンマー学校建設ご支援のお願い」

14年3月・4月 48号(123号)

「希望の星」 巻頭:「TPAK 20周年記念トークセミナー報告」
14年1月・2月 47号(122号) 「20年分のありがとう」 巻頭:「TPAKとゆかりの深い方々からのメッセージ」
13年11月・12月 46号(121号) 「私たち次世代がつなげる」 巻頭:「フォーカスプロジェクト: ミャンマー」
13年9月・10月 45号(120号) 「祝 鵜住居保育園 再出発! 園舎完成」 巻頭:「フォーカスプロジェクト: インド」
13年7月・8月 44号(119号) 「インドレイプ事件から世界に発信」 巻頭:「フォーカスプロジェクト: タイ」
13年5月・6月 43号(118号) 「ミャンマー式民主主義を考える」 巻頭:「将来の夢は人の役に立つことです」
13年3月・4月 42号(117号) 「インドの女性問題を考える」 巻頭:「インド思春期女性の自立、“健康な食”推進活動」
13年1月・2月 41号(116号) 「国際協力を考える」 巻頭:「2013年 活動予定」
12年11月・12月 40号(115号) 「校長先生の退任式」 巻頭:「プロジェクトサイト タイ、ミャンマー、インド、釜石」
12年9月・10月 39号(114号) 「被災地の笑顔」 巻頭:「プロジェクトサイト タイ、ミャンマー、インド、釜石」
12年7月・8月 38号(113号) 「20年目の贈り物」 巻頭:「プロジェクトサイト タイ、ミャンマー、インド、釜石」
12年5月・6月 37号(112号) 「ミャンマーの人々との絆」 巻頭:「プロジェクトサイト タイ、ミャンマー、インド、釜石」
12年3月・4月 36号(111号) 「強い眼差し」 巻頭:「プロジェクトサイト インド、釜石、タイ」
12年1月・2月 35号(110号) 「国民総幸福論(GNH)」 巻頭:「プロジェクトサイト 釜石、タイ、インド」
11年11月・12月 34号(109号) 「タイ・メートー学校の未来」 巻頭:「プロジェクトサイト タイ、インド」
11年9月・10月 33号(108号) 「子どもの笑顔から復興へ!」 巻頭:「東日本大震災支援活動」
11年7月・8月 32号(107号) 「長期的な支援を!」 巻頭:「震災支援レポート」
11年5月・6月 31号(106号) 「第2回 インド・ヘルスキャンプ」 巻頭:「プロジェクトサイト インド ミャンマー」
11年3月・4月 30号(105号) 「誇り高いミャンマーの人々」 巻頭:「プロジェクトサイト タイ、ミャンマー、インド」
11年1月・2月 29号(104号) 「2011年に向けて」 巻頭:「活動国の仲間たちから新年のご挨拶」
10年11月・12月 28号(103号) 「世界に届け!夢ワカメ!」 巻頭:「プロジェクトサイト インド、ミャンマー、タイ」
10年9月・10月 27号(102号) 「チャモリプロジェクト モバイル・バン活動開始!」 巻頭:「プロジェクトサイト 帰国報告」
10年7月・8月号 26号(101号) 「ようこそ!メートー学校のみなさん」 巻頭:「タイ バンコクのデモを考える」
10年5月・6月号 25号(100号) 「祝NEWS LETTER 100号」 巻頭:「インド思春期女性自立支援プロジェクト」
10年3月・4月号 24号(99号) 「タンリエン僧院孤児院 新寮兼シェルター完成視察」 巻頭:「タンリエン僧院孤児院現地レポート」
10年1月・2月号 23号(98号) 「2010年に向けて」 巻頭:「2010年も子ども達の笑顔でいっぱいに!」
09年11・12月号 22号(97号) 「細く長く、続けていくと・・・」 巻頭:「ブンチャイからの手紙」「地球隊2009タイに参加して」
09年9・10月号 21号(96号) 「熱い思い!インド思春期女性たち」デラドゥン県女性の自立プロジェクト 巻頭:「始まりました!インドの思春期女性たちと共にACT!」
09年7・8月号 20号(95号) 「皆さまのご寄金でミャンマータンリエン孤児院に新寮兼シェルターが完成しました。」 巻頭:「インド思春期女性自立支援・タイ頭の栄養、体の栄養」
09年5・6月号 19号(94号) 「ミャンマーの子ども達に笑顔が戻った」 巻頭:「人間洞察力」 上甲晃氏
09年3・4月号 18号(93号) 「インドの思春期女性たちのために」 巻頭:ミャンマータンリエン孤児院 新寮建設スタート
09年1・2月号 17号(92号) 「6500人の子ども達に・・・」 巻頭:「Greetings ペイフォワード」
08年11・12月号 16号(91号) 「希望に満ちた笑顔」 巻頭:「プロジェクトサイト ミャンマーサイクロン災害支援最新レポート」
08年9・10月号 15号(90号) 「メートー学校に、一年生がたくさん・・・」 巻頭:「プロジェクトサイト タイ、ミャンマー」
08年7・8月号 14号(89号) 「すべてを失ってしまった・・・」 巻頭:「ミャンマーサイクロン被害状況」
08年5・6月号 13号(88号) 「新たな一歩」 巻頭:「プロジェクトサイト タイ、地球隊タイ・レポート」
08年3・4月号 12号(87号) 「本当に大切なもの、伝えたい」 巻頭:「ミャンマータンリエン孤児院「流水施設設置プロジェクト」進捗状況
08年1・2月号 11号(86号) 「インドの女性たちが立ち上がった」 巻頭:「Greetings 半径3mからの国際協力」
07年11・12月号 10号(85号) 「ミャンマーの民衆と僧侶が立ち上がった」 巻頭:「プロジェクトサイト インド、ミャンマー」
07年9・10月号 9号(84号) 「私の夢は教師」 巻頭:「足るを知る」
07年7・8月号 8号(83号) 「子どもを育てるということ」 巻頭:「海から山への贈り物」
07年5・6月号 7号(82号) 「私たちには可能性がある!」 巻頭:「プロジェクトサイトから インド」
07年3・4月号 6号(81号) 「紛争の中から・・・」 見開き「TPAK活動図」 巻頭:「プロジェクトサイトから ミャンマー&インド」
07年1・2月号 5号(80号) 「“デック 子どもたちは海を見る”が世界を変える」 巻頭:「インドプロジェクト中間報告」
06年11・12月号 4号(79号) 「帰ってきたタワン」 巻頭:「山と町をつなぐ南南協力」
06年9・10月号 3号(78号) 「ウッタランチャル」 巻頭:「インドプロジェクト中間報告」
06年7・8月号 2号(77号) 「虹の架け橋」 巻頭:「南南協力」途上地域同士の人と人をつなげるプロジェクト
06年5・6月号 1号(76号) 「新たな出発」 巻頭:「特定非営利活動法人設立のご挨拶」